ようこそ

ブックレビュー「1冊20分、読まずに『わかる!』すごい読書術」を読みました

ブックレビュー「1冊20分、読まずに『わかる!』すごい読書術」を読みました

20分で本が読めるようになったらいいですよね。
以前から読むのが遅い私。
勝間塾月例会の課題図書(1か月1冊)だけでも精一杯。

そんなある日、FBで『1冊20分、読まずに「わかる!」すごい読書術』のことを知り、興味を持ちました。
著者の方のイベントもあったのですが都合があわず、本だけは買おうと思ったまま日がすぎていました。

1か月後、ものくろさんのブログ講座を受けにいったところ、
なんと、ものくろさんが最後に、この著者と知り合いなんです、よかったら買いませんか
とサイン本を取り出すではないですか。
読みたかった本を意外なところで買うことができ、ラッキーでした♪
ちなみに、ものくろさんのことも少し本に出てきます。

さらに3週間経過。今日ようやく本を読みました。

私の今までの読書法は、「通読(一字一句丁寧に読む)」で、
目指す読書法は、「速読」だと思っていたのですが、そうではありませんでした。

スピード重視の速読をしたうえで、参考文献を「多読」し、そしてそこから
「熟読・精読」するという流れ、これがこの本ですすめる読書法です。

「これからの時代は、読書の知識をお金に換えていく人が生き残る」
と著者は言います。

たくさんの本を読めるようになる
→自分の専門分野ができるようになる
→知識を自分独自の切り口で意見を構成し、アウトプット
→夢がかなう

他にも、ヒントになった読書法の考えがたくさんつまっていて、
例えばこんなことが書いてありました。
・著者と対話するように本を読む
・パラパラと読むときは、本文を読まない
・書評の文章はゆるいくらいでちょうどいい

この本独自の読書法を身につけるまでは、1冊20分では難しいと思いますが、
やり方になれるためにも、積読状態の本に着手していきます。

読書法のなかで、その本を読んで1~3年後に望む結果を書くようになっています。
私は、「1日1冊、20分で本が読めるようになり、話の面白い人になっている」
と書きました。実現していきたいと思います。

 

りん
2002年から続けている登山がライフワークです。初心者向け山登り講座を開いています。
百名山は現在58座登りました。人生100年時代なので,ゆっくり100座制覇を目指します。
文鳥が大好きです。インスタで文鳥の投稿をしています。
ブログ更新は週1回です
Follow :