ようこそ

神々の山嶺

先週の日曜日、映画「エヴェレスト神々の山嶺」を観ました。

http://everest-movie.jp/

原作は夢枕獏の小説。私の一番好きな山岳小説です。ちなみにベスト3にはほかに、氷壁(井上靖)と孤高の人(新田次郎)が入ります。原作に思い入れがあればあるほど、映画化したときにイメージが違うとがっかりするのですが、今回はメインキャストが阿部寛さんと岡田准一さんということで、期待していました。

結果。期待を大きく上回る、とてもよい映画でした。山岳史上に残る名作ではないでしょうか。

あの壮大な話をどうやって限られた時間にまとめるのか。
世界最高峰エヴェレスト(標高8848m)の山頂をめざすシーンはどう撮影するのか。

がポイントだったと思いますが、次のとおりでした。

エヴェレスト南西壁に挑戦するクライマー羽生丈二と、それを追う山岳カメラマン深町誠。中心となる二人の山男の生き方のみにフォーカスをあて、原作をさらに深く、面白くしているエピソードも大幅にカット

エヴェレストのシーンは、実際に高度5200mでのロケを敢行。阿部さんも岡田さんもほとんど自分でシーンをこなした

ちなみに別の日に干渉した登山仲間(新婚旅行でモンブランに登った強者夫婦)の感想
・最後の阿部寛さんのアックスの打ち込み方が上手!
・岡田さんの雪山の歩き方にダメ出し

でした。ストーリーとは関係ありませんね(笑)

エヴェレストに挑戦する、羽生丈二役の阿部寛さんのセリフは、とってもクサいのですが、あの顔から出てくると、全く違和感がありません。

「そこに山があるからじゃない。ここにおれがいるから、山に登るんだよ。」

「足が動かなければ手であるけ 手がうごかなければゆびでいけ ゆびがうごかなければ 歯で雪をゆきをかみながらあるけ 歯もだめなら目であるけ 目でゆけ 目でゆくんだ    目でにらみつけながらゆけ 目でもだめだったら それでもなんでもかんでも
どうしようもなくなったら ほんとうにほんとうに ほんとうのほんとうの どうしようもなくなったらもうほんとうに こんかぎり あるこうとしてもだめだったら
思え ありったけのこころで思え
―想え。」

ここまでの執念をもって、取り組んでいることはありますか。
羽生丈二のセリフは一言一言が、生きている意味を考えさせるものでした。