ようこそ

山のコスメについて「脱コスメ難民!スキンケアの基本&選び方」講座に参加して学んだこと SPF50の日焼け止めよりも大切なこと

山は紫外線が強いです。日焼け止めは必須アイテム。多くの登山女子が愛用しているであろうSPF50のゴールドアネッサを私も常備し、こまめに塗りなおしています。

ところで、SPF50とかPA+とか、日焼け止めの容器に書いてありますよね。
私は、数字が多いほうが効き目があるんだろうと思って、いつも最高値のものを選んでいます。昔はSPF30が最強だったのに、今や50がでています。それに加え、SPF以外にP++などという表示が出始めたのは、いつからでしょうね?
20160402_053307000_iOS

そんな私が「脱コスメ難民!スキンケアの基本&選び方」講座に参加してきました。講師は花咲マリサさん,スイスのコスメブランドnahrin(ナリン)をはじめとするオーガニックコスメや食品などのセレクトショップ「ライラック バイ スターティス」にて開催されました。

【学んだ内容】
ナチュラルコスメ、オーガニックコスメ、無添加コスメ、といったカテゴリの解説
オーガニック認証機関の紹介
肌の仕組みと基本のスキンケア
化粧品成分表示の読み方
肌と紫外線の基礎知識

最後に、個別カウンセリングを受けました。これは事前に「使用コスメ、どのような悩みがあるか」を講師にメールして、対処法をアドバイスいただくというものでした。

話を聞けば聞くほど、登山時の私,肌のお手入れ失格でした。お肌の悩みの「乾燥」「しわ」を増長させることばかり!

たとえば・・・
オールインワンゲル(化粧水、乳液の役割を果たすたジェル)
あのとろみというか、もっちり感、しっとり潤った感じで安心していたのですが・・・実は、水分の保湿は、サラサラの化粧水をたくさん肌に入れてあげることが大切で、とろみ成分は、肌に入っていきにくいとのこと(ショック!)。荷物軽量化のため、山での保湿はこれだけにしていたのです。

クレンジングウォーター
お気に入りのビオ○○マのクレンジングウォーターは、ヨーロッパの水質をもとにしたお手入れ方法なので、結論としてあまりおススメでないとのこと。帰宅が遅くなって、もう顔を洗う気力もないとき、ふき取るだけでメイクが落ち、お肌もしっとりするので重宝しているのですが…。

私の肌はとても丈夫ですが、年齢とともに乾燥やシワに悩むようになっています。講座で学んでみると、加齢だけが原因でははなかったことに気づき、お肌のためにもう少し丁寧なお手入れをしようと思いました。

まずは、サラサラ化粧水で保湿→油分で油膜を作る、をきちんとやります。講座では、無印の海洋深層ミネラル化粧水もおすすめときいたので試してみます。そして、SPF50の日焼け止め。どうぜこまめに塗りなおすので、オーガニックコスメのSPF30で十分と思いましたので、オーガニックの日焼け止めを購入して帰りました。

りん
2002年から続けている登山がライフワークです。初心者向け山登り講座を開いています。
百名山は現在64座登りました。人生100年時代なので,ゆっくり100座制覇を目指します。
文鳥が大好きです。インスタで文鳥の投稿をしています。
ブログ更新は月1回です。
Follow :