ようこそ

文鳥の日に寄せて。文鳥ごはん、ラウディブッシュ が品薄になっているので、代わりのペレットを注文しました。

ほぼ一年ぶりの更新です。

10月24 日は文鳥の日。手に幸せ(てにしあわせ) という語呂合わせから。

ふうたん
ふうたん

我が家の文鳥ごはんは、ラウディブッシュ 社のメンテナンスフードです。いわゆるペレット、総合栄養食ですね。
ちなみに以前は、シードをあげていましたが、ダイエットを考えて今のごはんに落ち着きました。そのあたりは文鳥ごはんをメンテナンスフードに替えたときのお話からどうぞ。

さて、このメンテナンスフード。「フレークタイプ」が一番小さくて、文鳥やフィンチ類にぴったりです。

ところが最近、アマゾンでも楽天でも、在庫切れ。おかしいなあ、商品が入れ替わるのかなあ、と調べたら・・・、輸入販売しているPCNF社が廃業したと判明。ショック!

といっても、今のところ「フレークタイプ」が買えないだけなので、「ミニタイプ」を買ってみました。フレークタイプとの違いは、長さが2倍くらいの細長い円柱型であること。直径2ミリ、長さ8ミリくらいです。

ラウディブッシュ
ラウディブッシュ

思っていたより大きいので、くうたんも、ふうたんも、食べられるかなーと心配していたけれど、意外に抵抗はなく。くちばしにくわえて、しばらくゴロゴロさせてから、おもむろに、パキっと割って食べていました。

さて、無事にミニタイプに移行したと思いきや。
特にふうたんの餌箱が、ずいぶん早く、空になることに気が付きました。
観察してみると、くちばしで割ったかけらは、かごの底や、かごの外にたくさん散らばっています。

ミニタイプを食べてくれたのはよかったけど、これじゃあっという間になくなり、さすがにコスパ悪すぎます。

解決策は2つ。
・別のペレットを買う
・ミニタイプをミルでひいて細かくひく

ひとまず今日は、別のペレットを物色。

ズプリーム社のナチュラルS
黒瀬ペットフードネオフード小粒
HARRISONのアダルトライフタイムスーパーファイン

ペレットとして人気があり
大きさがラウディブッシュのフレークタイプと同じくらいで文鳥でも一口で食べられる、
という条件で、これらに絞りました。

届くのが楽しみです♪

文鳥の日に、文鳥ごはんをメンテナンスしたお話でした。

眠る文鳥たち
眠る文鳥たち