ようこそ

文鳥は春夏秋冬,水浴びが大好き。バードバスに慣れるまでの記録を振り返りました

文鳥は春夏秋冬,水浴びが大好き。バードバスに慣れるまでの記録を振り返りました

文鳥は水浴びが大好きです

我が家の文鳥は,水浴びが大好きです。

ふうたん(♀)は午前中,くうたん(♂)は午前中のみならず,夕方も水浴びをしています。寒い冬でもほとんど毎日。暑い季節はもっと水浴びをします。

我が家の文鳥のみならず,一般的に,文鳥は水浴びが好きなのです。なぜなのでしょう。

「 高温多湿なインドネシアを原生地とする文鳥はとても水浴びを好みます。」と書いてあるサイトがありました。

文鳥大学かいぬし学部 https://buncho-univ.com/buncho-research/bathing-basics/  

いま,我が家で使っているのは,いわゆる「バードバス」と言われる水浴び容器です。上半分が透明(クリア)で,下半分が半透明のグリーン。

水浴びする姿を外からも観察できるので,おすすめです。バードバス

このバードバスに至るまで,異なるタイプの水浴び容器を何度か設置してきましたので,その変遷をまとめてみました。

水浴び容器の変遷:第一フェーズ(小判型から,半月型へ)

2014年3月(文鳥お迎えの日から)陶器の小判型の容器をかごの底に設置しましたが,全く入りませんでした。

小判型水浴び容器

2014年4月 外付けバードバス(現在,使っているもの)を設置。全く入りませんでした。

観察していると,文鳥たちは,半月型エサ入れ容器(小サイズ 青)に入った水で,頭をぱちゃぱちゃさせています。それだと,文鳥の頭しか洗えません…。そこで,半月型エサ入れ容器の大きいサイズ(色はクリア(透明))を購入し,今まで使っていた半月型(小サイズ 青)を飲み水用,新しく買った半月型(大サイズ クリア)は水浴び用と分けて設置することにしました。

しかし,2014年5月 新しく買った半月型容器(大 クリア)に水を入れて設置しても,全く入りませんでした。

半月型エサ入れ クリア 大

うーん,透明だから怖いのか?青い容器だったらよかったのか?と,今度は,半月型容器(大サイズ 青)を購入しました。すると,文鳥は最初はとまどっていましたが,とうとう入りました!

我が家にきて早や2か月。ようやく,思う存分,水浴びができる環境になったことで,文鳥は大喜びです(たぶん)。かいぬしの私も安心しました。

水浴び容器の変遷:第二フェーズ(半月型から,ふたのないバードバスへ)

2015年3月 半月型容器(大 青)から,半月型容器(大 クリア)に再びトライしましたが,水浴びをしなくなってしまったため断念し,青い容器に戻しました。

2015年4月 1年前に購入した,外付け水浴びバードバスに再びトライしました。なぜなら,やはり半月型の容器は,水浴びをするとが容器の外に水が大量に飛び散り,かごの中も外も,びちゃびちゃになるのです。暖かくなると,文鳥がひんぱんに水浴びをするので,飛び散る水の量も増えます。

くうたんには,上半分が透明で下半分がうすいグリーンのタイプ。ふうたんには,全部が半透明の茶色のタイプを設置し,半月型容器(大サイズ 青)は撤去しました。すると,くうたんは設置2日目に,あっさり外付けバードバスで水浴びを使いはじめました!しかしふうたんは,バードバスで水浴びをしません。

そこで,なかなか水浴びをしないふうたんの容器を,くうたんのと同じタイプに変更してみました。しかし,ふうたんは依然として,まったくバードバスに入りません。

2015年4月 バードバスを設置して1週間。水浴びをしていないのが不憫になり,半月型容器(大サイズ 青)を再び設置したところ,すぐに水浴びをしました(まずは,ふうたんの水浴び欲求を満たした)。そして,その同じ日に,半月型容器はまた撤去し,今度は,かごの下段に止まり木を2本渡して,外付けバードバスの下半分のみ(うすいグリーンの容器)を設置しました。その日は,ふうたんはそれ以上の水浴びはしませんでした。

その2日後,バードバス(下半分のみ=ふたなし)で,ふうたんがとうとう,水浴びをしました! 朝,ふうたんがエサを食べているときに,バードバスの水を手ではじいて,パチャパチャと音をさせら反応していたので,これはいけるかも?!と思ったのです。水が入っていることを認識させ,水浴びしたくなる気持ちにもっていきました。

水浴び容器の変遷:第三フェーズ(ふたのないバードバスから,ふたのあるバードバスへ)

2015年5月 ふうたんが,バードバス(ふたなし)で初めて水浴びをしたさらに2日後,バードバスに,ふた(透明)をつけてみました。しかし,怖がって入りません。ここまで頑張って,少なくともバードバスに入るようになったのだから,焦らずに徐々にまた慣れてもらおうと考え,ふたははずしました。

2015年5月 バードバスのふたを半分ずらすようにして,バードバスに設置しました。お風呂のふたが半分空いている状態ですね。しばらく様子を伺っていましたが,ふうたんは水浴びをしました。この状態をしばらく続けることにしました。

2015年7月 バードバスのふたを,通常通りの形で設置しました。ふうたんは,再び,警戒して入らなくなりました。しかし,その2日後,朝から暑くて,水浴びしたそうなふうたんがいました。

飲み水用のバナナ水入れで水浴びできないか,けなげに試しています。どう考えてもバナナ水入れに入るのは無理なんですけどね‥。

そこで,前にやったように,バードバスの水を,手でパチャパチャとふうたんにかけて,水浴びできるよ~,ちょっと前まで,ここで水浴びしてたよね~,と誘導してみました。すると,その日の夕方,とうとう,ふうたんがバードバス(ふたつき)で水浴びをしたのです!

水浴び容器を設置した様子
バードバスを設置した様子

水浴び容器の変遷:第四フェーズ(バードバスをかごの中から,かごの外へ)

2016年6月 ふうたんのバードバスを,止まり木の上(かごの中)ではなく,通常使用方法である,かごの外付けにしてみました。しかし,そうなるとまた,バードバスに入らなくなりました。結局,その2日後,もとの場所(止まり木の上)に戻しました。もう,これ以上の変化を求めるのは,ふうたんに負担になるので,やめようと思いました。水が飛び散らないように,というバードバス設置の目的は十分,果たしているのですから。

今後,バードバスを設置する人のために。

我が家の場合,当初は小判型の水浴び容器を設置し,飲み水とは分けました。

しかし,文鳥たちは,小判型の容器には入らず,飲み水を入れた,小さな半月型のエサ入れ容器で水浴びをしようとしました。そこで,その容器の大きいサイズを購入し,設定したわけです。

文鳥は水浴びができてよいのですが,かごの周りにもかごの中にも,水が飛び散りました。不衛生だし,水がどんどん減り,夏の夕方には,水浴びの水がかなり減ってしまいます。

そこで,ふた付のバードバスに移行することにしたのです。上記のとおり,半月型の容器から,蓋つきバードバスに移行するのには,時間がかかりました。水浴びが好きな文鳥が,変化を怖がって水浴びができない時期があると不憫になり,どうしても気持ちがくじけてしまいます。それでも,徐々に慣れてもらいました。

もしこれから文鳥をお迎えする人へのアドバイスがあるとするならば,最初からふた付のバードバスを設置して,すこし日がかかっても,文鳥に慣れてもらうのが一番よいです,ということです。バードバスは,水が周囲に飛び散らないし,だからこそ水の減り方も少ないので,暑い時期の夕方にも,文鳥は盛大に水浴びを楽しむことができます。

また,これからバードバスに変えたいと考えているかいぬしの方には,暑い時期(水浴びが増える時期)をねらって,しかし,急激にではなく徐々に,変化に慣れてもらうようトライすることをおススメします。

水浴び後の文鳥のニオイ

冒頭のロックな写真は,ふうたん(♀)の水浴び直後の姿です。

水浴びすると,文鳥独特の匂いがするんですよね。どんな匂いなのか?よく言われるのが,お布団をおひさまにあてて干したあとの,ほんわりした香ばしい匂い。とか,粟,ひえ,黍といった鳥のエサ(穀物)のにおい。文鳥マニアの間では,この匂いがたまらない!という話で盛り上がります(笑)