ようこそ

文鳥とトウモロコシとソファのお話。文鳥はトウモロコシが大好物です。

文鳥とトウモロコシとソファのお話。文鳥はトウモロコシが大好物です。

我が家の文鳥たちは,トウモロコシが大好物。夏になると,毎日トウモロコシをあげています。電子レンジでチンしたものを冷蔵庫にストックしています。

トウモロコシ
文鳥の大好物,トウモロコシ

食べやすいようにバラしたものをソファに置くと,文鳥たちが我先にと争って食べ始めます。

トウモロコシを食べる文鳥
トウモロコシを食べる文鳥たち。間にクッションを配置

ただでさえ縄張り意識が強く,ケンカする2羽なので,近寄らずに食べられるように,間にクッションを置いたり,両袖に置いたり工夫をしています。

そして2羽では食べきれないくらい(せいぜい20粒ですが)のトウモロコシがあるのに,それでもたまに奪い合いになります。そんなに好きなのか・・・。

毎朝あげているので,いつしか朝の放鳥タイムでは,まずソファで待機するようになった文鳥たち。
首をかしげている姿が「トウモロコシは?」とおねだりされているようで,可愛さに朝からメロメロになります。

首をかしげてソファで待機
首をかしげてソファでトウモロコシ待機

文鳥はどうやってトウモロコシを食べるのでしょうか。

くちばしと,時に脚を使って,薄皮は残し,器用に中身だけをしごきだして食べます。

トウモロコシを食べる文鳥
くちばしと足でトウモロコシを食べる

トウモロコシを飽きるまで食べてから,鳥カゴに戻ります。水を飲んだり,普通のゴハン(ペレットタイプの鳥用フード)を食べて,まったりタイム。

くちばしの周りに,トウモロコシのかけら(ご飯粒と言っていますが)をたくさんつけている様子がまた可愛いんですよね。

くちばしの周りにトウモロコシをたくさんつけている様子
くちばしの周りにトウモロコシがたくさん

かごに戻って止まり木にカシカシとこすりつけると,たいていとれるのですが,たまに,くちばしにご飯粒が残ったまま,うたたねしていることも。

まったりくつろぐ文鳥
まったりくつろぐ文鳥たち

そんなときは,飼い主(私)が,くちばしを指でつまむようにして,キュキュっときれいにします。ちなみに一般的に文鳥って,くちばしをつままれるのが好きなんですって。くちばしをつまむと,気持ちよさそうにしています。文鳥にとっては愛情表現なのかな。

トウモロコシを毎朝文鳥が食い散らかしたあとは,ソファがベタベタになるので,濡れ布巾で拭いています。たぶんその影響ではないかと思います。 我が家のソファの袖は今年,だいぶボロボロになって,合皮が一部はがれそうになってきました。

ソファを買い替えると,文鳥たちはびっくりしてしまうかも・・・と思うと,いつ買い替えるかがもっかの悩みです。